プロフィール写真は自撮り より 他撮りで!
プロの技術を5000円で!! 白バック上半身プロフィール写真がお得!
Studio LASP
撮影からレタッチまでお任せいただけます

格安!! レタッチ料込みで5,000円!

Studio LASP スタジオラスプでは、都内 柴又の弊社スタジオでのプロフィール写真(白バック 上半身のみ 1時間以内)撮影に限り、レタッチ仕上げを施したワンカット 5,000円(税別)というコストパフォーマンスに優れるお値段で提供いたします。
演奏家やパフォーマーの方やセミナー講師様の肖像画像や、SNSのアイコン用などの汎用プロフィール写真は、低価格高品質なラスプをご利用ください。

 

【料金】

プロフィール写真


○スタジオ撮影(1時間以内、白バックのみ)
  レタッチ料金込み ¥5,000+税!
○屋外撮影(1時間半以内、全身も可)
  レタッチ料金込み ¥7,500+税!

 

数十カット撮影した中からワンカットをお選びいただきレタッチいたします。

モデル

コスパの高い昭和な町のフォトスタジオ

都内 柴又にて構えるフォトスタジオにて、プロフィール写真の撮影を承ります。

みずから舞台・モデル経験のあるフォトグラファー Atsuko Ito がポージング指導しますので、どなたでも安心して撮影に臨んでいただけます。

画像は、数十カット撮影後に1カットお選びいただき、美肌・美顔、輪郭整形や色調・コントラスト調整を施したデータを後日お送りいたします。
必要に応じてモノクロデータもご用意いたします。

撮影から仕上げまで丁寧に行います
モデル
モデル
モデル
Check!
パーソナリティを大切に
お客様の魅力を最大限に引き出すプロフィール写真を撮影します
Point1

撮影からレタッチまで一貫

プロフィール写真撮影のプロが、撮影からレタッチまでを一貫して承ります。
写真の価値は後処理で決まります。コスパの高いプロフィール写真撮影でも Studio LASP では妥協のない丁寧なレタッチをいたします。美肌・美顔、輪郭修正や色調・コントラスト調整など、見映えをよくするためのあらゆる加工を行います。

Point2

技術と芸術性を徹底追求

Studio LASP では専門性の高いプロフェッショナルなフォトグラファーが、ただ型通りきれいに撮るだけでなく、ひとつひとつの写真に高い芸術性をこめて撮影いたします。平凡なプロフィール写真とは一味違う高品位な画像を提供いたします。

Point3

人間味を大事にします

都内の下町、昭和な町 柴又のアットホームなマンションスタジオ Studio LASP では、ただ綺麗に撮るだけではない、被写体となる方のパーソナリティを表現する「伝わる」写真を提供いたします。

お気軽にご連絡ください
03-5876-8109 03-5876-8109
20201005Nova-4028-Edit
20190621小林恭子-1086
20200324Hoshino-01449-Edit
Access

人間を輝かせる宣材写真のスタジオ☆都内近郊出張撮影もいたします

概要

会社名 Lasp舞台写真株式会社
住所 東京都葛飾区柴又7-14-23-307
電話番号 03-5876-8109
定休日 不定休

アクセス

Studio LASP は スタジオ撮影のほか江戸川河川敷の自然豊かなロケーションを活かし、被写体の魅力を存分に引き出す撮影をいたします。舞台・イベントなどの出張撮影からスタジオでのプロフィール写真宣材写真撮影まで、人間が生み出す空気感を伝える最高の一枚を熟練フォトグラファーが撮影いたします。また、商品撮影・ファッションフォトのご依頼も承ります。お気軽にご相談ください。
特徴・特色

高い技術力と安心価格

プロの技で撮影からレタッチまで行うフォトスタジオを運営

お客様の人間的魅力を最大限に表現できるよう、撮影前のヒアリングを丁寧に行います。また、仕上げ(レタッチ処理)を丁寧に行います。
弊社では常時、音楽アーティストのCDジャケットやプロフィール写真、また広告用の商品写真など、様々な分野の撮影を行ってまいります。日々の経験とデータの蓄積をもとに、プロフィール写真においても最高のクオリティを追求します。

撮影はフォトアーティスト Atsuko Ito がポージング指導をしながら行います。また撮影前のヒアリングから丁寧なコミュニケーションで、お客様一人ひとりのパーソナリティを尊重しつつ撮影を行います。

プロの技・技術力で芸術性の高い高品質な一枚をご提供する Studio LASP に、ぜぴプロフィール写真撮影はおまかせください。

photographer Atsuko Ito profile

人間の輝きを写真に刻むフォトアーティスト
photographer Atsuko Ito
東京生まれ 本名:伊藤厚子
12歳から天体の写真を撮り始め、以来、独学で写真を学ぶ。
芸能界を目指し、女優として19歳で映画「So What」に出演。
その後、会社員として働きつつ、1992年よりファンクバンド「Time Quake」にバックコーラス及びダンサーとして参加。渋谷エッグマン、本牧アポロシアターなどでライブを行う。
女優としてもその後、数々の舞台・テレビドラマ・ラジオCMに出演。
2000年から2001年は新国立劇場のオペラ公演「リゴレット」「トスカ」に助演で出演。
2002年3月『サーカス』(作詞 伊藤厚子/作曲 伊藤竜太)でCDデビュー。
フォトグラファーとしては、2000年にオンラインブックストアBK1のサイトにてインタビュー撮影を担当し、「忌野清志郎」や元X JAPANの「TAIJI」を撮影する。以後、ストリートフォトおよびアートフォト、そして舞台写真を撮り続け今日に至る。
2017年 Lasp舞台写真株式会社 を設立、代表取締役に就任。舞台に立つ演者の心がわかる舞台写真家であり、またアーティスト・フォトグラファーとしてアー写やポートレート撮影で多方面から信頼を得ている。


写真展等
2017年11月 Atsuko Ito写真展「柴又メルシー」 (PICTORICO GALLERY 表参道)
2018年11月 "Adobe MAX 2018" にて大塚商会とのコラボ写真集展示 (パシフィコ横浜)
2019年3月 「フォトグラファーの視点:光と瞬」 (RECTO VERSO GALLERY)

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事